2018年ってどんな年?

今年も残すところあとわずか。
数日後には新年を迎えます。

私は昔からお正月が大好きで、「今年は何をしよう。」と毎年ワクワクして新年を迎えていました。
「今年はどんなことがあるだろう。」と想像する時に、「数秘」はヒントをくれます。
数秘では「9」のサイクルで一年ごとの流れを見ることができ、その一年を通してどういうことをテーマにすればいいかを知ることができます。

一年を見る時に参考になるのが、『ユニバーサル・イヤー・ナンバー』と『パーソナル・イヤー・ナンバー』です。
『ユニバーサル・イヤー・ナンバー』とは、世の中全体の動きを表すナンバーで、例えば、2017年は「2+0+1+7=10→1+0=1」となり、『ユニバーサル・イヤー・ナンバー』は「1」になります。「1」は「始まり」を表し、世の中では新たなスタートを切る、再生する、といった動きが多く見られるといいます。2018年は「2」となるので、「共生・つながり」がテーマとなり、人と人、国と国が結束することが更に求められる年となってきます。

『ユニバーサル・イヤー・ナンバー』が世の中全体の周期を表すのに対し、『パーソナル・イヤー・ナンバー』は個人の周期を表します。
『パーソナル・イヤー・ナンバー』は、1人1人違っていて、その人にとってその一年がどんな年となるか、自分の運命周期を知る手がかりとなります。
計算方法は「誕生月+誕生日+特定の年」となり、「特定の年」に西暦の年(今年であれば2017)を入れて計算します。最後に1桁にして、9のサイクルのどこにあたるかを確認します。

例えば、私の場合は2017年のパーソナル・イヤー・ナンバーは「4」でした。
「4」が表す意味は、「具現化・土台作り」など。ちょうどカウンセリングを始め、少しずつ形にしていった年でした。思い描いていたことを「形にする」ことが私にとって大事な一年でした。

そして2018年の私の『パーソナル・イヤー・ナンバー』は「5」となります。
「5」は「変化・変容」を表します。
「4」の年にやってきたことを、「5」の年に「変化、変容させる」ことが大事になってきます。あえて違うものを取り入れたりして、形を変えていく段階に入ります。安定から停滞するのではなく、チャレンジすることで変化させ、更に成長していく段階。

来年は自分にとって変化の多い年になる予感がします。今までやっていないことにもトライしていきたいと思っています。
今後、カウンセリングについても、形を変えていく予定です。メニューにもいくつか項目を追加しようと考えています。
詳しくは後日ブログでご案内します。

以下は『パーソナル・イヤー・ナンバー』のキーワードです。ぜひご自身のナンバーも確認してみてください。
計算例:3月12日生まれの人の2018年のパーソナル・イヤー・ナンバー
「3+12+2018=2033→2+0+3+3=8…パーソナル・イヤー・ナンバー」

1…始まり
2…つながる、結びつく
3…創造する、楽しむ
4…具現化する、建設する
5…変化する、チャレンジする
6…育てる
7…見直す、内省する
8…拡張する
9…完成する、手放す

2018年も皆さんにとって、自分自身を楽しむ素晴らしい一年でありますように。

“HDIGABTT?”

Healing space ニケスマイル. Sachiko

0コメント

  • 1000 / 1000