月と太陽


私の好きな占星術家の1人、松村潔先生。
日本における西洋占星術のパイオニア的存在で、占星術に関する著書も数多く出されています。
解釈や考察は奥深く、私がカウンセリングを行う上でも、影響は大きいと感じます。

そんな松村先生の対話がYouTubeに上がっていて、何度も聞いていた時期がありました。そこに登場していた占星術家「しゅんじさん」。その時は松村先生に質問をする立場として、出演されていました。現在はブログなどSNSで情報発信されていたり、各地で講座を開くなど幅広くご活躍されています。

最近「月星座」について質問を受けることや考えることが多く、そんな時にしゅんじさんのブログ記事に出会いました。
分かりやすく優しい文章で、以前YouTubeで感じた人柄が、とても表れていると感じました。

(※しゅんじさんのブログ記事『月について』)勝手ながらシェアさせていただきました。個人的にネコのイラストがツボでした(笑)。

太陽星座については多くの方が雑誌やテレビの星占いなどで知っているけれど、「月星座」については、まだほとんどの方が知らないのが現状です。
最近ではネットや雑誌などで月星座について取り上げられる機会が増えてきていますが、「あなたの月星座は?」と聞かれて答えられる方はまだ少ないです。

私は、太陽星座と共に、月星座についても1人1人が意識すると、この世界はもっと生きやすくなると感じます。

月星座の無意識でいる時の自分自身と、太陽星座の人生の目標とする姿と。
そのどちらもが重要で、バランスが大切だと感じます。

しゅんじさんの記事には、そのことがとても詳しく優しく綴られています。

月の時間を増やしすぎると
気分がどんよりと停滞してきて、
自己肯定感が低くなります。
人生を輝かせて自信をつけるためには
太陽の力が必要です。
太陽の満たされ感は
月のそれとはまるで違う種類のものです。
慣れた月のパターンから抜け出して
本気を出して頑張ることです。
逆に、月を無視して太陽に突き進むと
自分らしさから遠ざかり、
空疎で味気ない日常になってしまいます。
結局は月と太陽のバランスが大事です。
(※ブログ記事より一部抜粋)


月と太陽。
理解すると共に、そのバランスを意識すること。

自分自身をより深く知り、本来の自分として輝く手助けになると思います。


“HDIGABTT ?”


Healing space ニケスマイル. Sachiko

0コメント

  • 1000 / 1000